本文へスキップ

子供の想像力や表現力を養い心と体の調和を作り出します。南砺市吉江中661アラックスビル2F ミューゼ音楽教室

電話TEL.0763-52-8055、090-7741-8718

指導方針policy

方針

教育方針イメージ

ミューゼ音楽教室では音楽が大好きになるよう幼児期はリトミックレッスンを中心に、その後のピアノはクラシック、ポピュラー、学校の伴奏、ヤマハグレード試験など、高校生、大学生は保育や音楽系の進学など生徒一人一人の個性に合わせた指導法を行っております。音楽の三要素リズム・メロディ・ハーモニーこの三つは生活に深くかかわっています。生活のリズム、テンポのよい話、リズミカルな動作、人とのコミュニケーション、ハーモニー。初めて日本にリトミック教育を取り入れた「窓ぎわのトットちゃん」で有名な小林宗作先生は、多動児のトットちゃん(黒柳徹子)を「君は本当は良い子なんだよ」と存在を100%受け止める教育方針を行い、彼女の〔自己有能感〕が回復したといわれております。音楽に合わせて動いたり、止まったり、歩き方を変えたり、またはピアノを弾いたり、音の情報によって行動統制能力は養うことができます。リトミックはギリシャ語で【eurhythmy~良い流れ】に由来します。これを発案したスイスの音楽家エミールジャック・ダルクローズは『リズミカルな性格は、美しく、強く、すなおに、自然の法則に従います。』と、精神と肉体との調和を助け、想像力を醒まし、創造力を発達させることが可能となるでしょう。そしてピアノや各種楽器演奏、総合的な能力、コミュニケーション能力など自己表現能力を高めていきましょう。


目標

目標イメージ

生徒一人一人に見合った指導を心がけ、レッスンを行っております。リトミックレッスンではドレミの音階の認識と模唱、リズムパターンを楽器で叩いたり、ステップする、拍子を聞き分ける、音に合わせ歩く、走る、止まる、色々なイメージに合わせて身体を動かし表現する等が主な目標です。また、お友達と仲良くしたり、わからないことを教えてあげるなど思いやりの心を育てることも大切と考えています。ピアノレッスンでは毎週の読譜・楽語プリント、リズムカード、演奏技術の向上を目的とした毎年夏のピアノ発表会、2年に一度のクリスマスコンサートが主な行事です。発表会ではクラシック曲を中心に、高学年ではショパン、ベートーヴェン、モーツァルトの定番曲が多いです。日頃の練習曲とは難易度も違い、数か月前から取り組みますので、発表会での演奏披露は緊張もMAXですが達成感も素晴らしく、生徒たちはみんな発表会が大好きです。また12月のクリスマスコンサートでは各自が弾きたい曲を選曲します。Jポップ、アニメや映画、ボカロ、ドラマの主題歌、学校で流れている曲など自由に友達と連弾したり、ソロでも行います。電子楽器を使い音色を考えたり、リズムの自動伴奏を使ったり、電子楽器の色々な操作方法も練習します。楽譜はメロディのみの一段譜にも対応出来るよう、コードネーム伴奏型を自分で考え作り上げていきます。場所は金沢市森本にあるレストラン「ぶどうの木」でお食事をしながらのコンサートや、昨年は砺波市ネッツトヨタのショールームにてコンサートを開催致しました。その他、ヤマハグレード試験、学校の校歌、入学式や卒業式、合唱コンクールの伴奏など希望する生徒は積極的に取り組んでいます。


主な年間行事

日時 内容 場所
2019年8月31日(土)予定 第19回ピアノ発表会 井波総合文化センターメモリアルホール
2018年12月9日(日) クリスマスコンサート ネッツトヨタ・ショールーム
2018年9月1日(日) 第18回ピアノ発表会 クロスランド小矢部セレナホール

information

ミューゼ音楽教室 長尾さゆり

〒939-1702
富山県南砺市吉江中661アラックスビル2F
TEL.0763-52-8055
メールはこちら
ブログはこちら